中学校英語スピーキングテスト「 ESAT-J」 向け 事前体験・対策 アプリケーション

Voice & Script Synchronizer Suite for ESAT-J

「ESAT-J」に準拠した仕様で構成された模試と対策問題により「ESAT-J」に対する事前体験・試験対策を完全サポート!

「ESAT-J」に準拠した対策模試による事前体験 

  • 「ESAT-J」に準拠した仕様で構成

    • 問題形式:音読問題2問・応答問題4問・説明問題1問・意見展開問題1問
    • 難易度:出現単語、英文長、英文の複雑さを調整
    • ユーザインタフェース:問題(英文・イラスト)の位置、ナビゲーションの仕様、ナレーションの内容、回答までに与えられる準備時間、回答時間等全て同様に調整
  • ご利用期間中は何度でも受験可能

    • 受験の度に動的に問題が変化し、総組み合わせ数は100万通り
      ※ 音読問題2問・応答問題4問・説明問題1問・意見展開問題1問それぞれで用意している問題量から総組み合わせ数を計算

スピーキング能力を評価 

  • 日本人学習者向け専用発話評価技術

    • 日本人学習者の英語発声専用の発話評価技術により、発音の正確さ・流暢さ(イントネーション、息継ぎのタイミング)を分析、フィードバックできます
      ※ 問題形式毎にご提供機能が異なります

  • 検定試験の基準に基づく意味のある・分かりやすい判定

    • 発音の正確さ・流暢さのスコアはEducational Testing Service(ETS)が公開している検定試験の音読問題における基準に基づき設計・調整しています

  • CEFRに基づくスピーキング能力の判定が可能

    • 一部の観点を自己採点する事で自身のCEFRレベルを確認することができます
      ※ CEFR: Common European Framework of Reference for Languages

充実した模範解答 / 学習履歴の蓄積 

  • 充実した模範解答

    • 紙教材では難しい充実した模範解答を搭載しており、様々な回答例・表現を習得することができます

  • 一元管理可能な履歴機能

    • 教師がUI上で簡易に全学習者の学習状況、発声データ、分析結果を確認することができます

仕様情報 

動作環境

OSAndroid8.0以上, iPadOS13.0以上, ChromeOS(Chromebook※), Windows 8.1(Pro),Windows 10(Pro / Education), Windows 11(Pro / Education)
ブラウザAndroid:Chrome, iPadOS:標準ブラウザ, ChromeOS:Chrome,Windows:Chrome, Microsoft Edge (Chronium版Edge)
解像度1366×768以上
動作端末上記OS・ブラウザ及び解像度を満たす端末(PC, Chromebook, iPad, Androidタブレット)

※ 下記と同等以上の端末スペックであること
 ・CPU: インテルCeleronプロセッサー 1.60GHz以上
 ・メモリ: 2GB以上
 ・ディスプレイ:1366x768以上

アカウント構成

学習者用アカウント学習者が利用するアカウント。
ご利用になる学習者分購入頂く必要があります。
スーパーアカウント管理者用アカウントとなり、学習者アカウントの割り当てや、学習状況の確認が可能。
ご契約毎に1アカウント付属しております。

サンプルソフトのご提供も可能です。お問い合わせよりご連絡ください。

価格、購入のお問合せはこちら